You are browsing the archive for Russia.

ウリヤノフスク州政府、世銀のオープンデータ準備度アセスメントを経てデータを公開、自治体の一つのモデルとなるか?

2013年7月11日 in Special

2013年7月8日、ロシア連邦のウリヤノフスク州政府はオープンデータポータルを立ち上げたと発表しました。公開されているデータセットは25種類と決して多くはありません。しかしその内容は、住宅、公共施設、ヘルス・ケア、社会福祉、ウリヤノフスク市当局に関するデータ、街路や道路のネットワークなどであり、非常に質の高いデータを厳選して公開しています。

ウリヤノフスク州政府がこれらのデータを優先的に公開したのには訳があります。州政府はオープンデータポータル開発前に、世銀からオープンデータ準備度に関するアセスメントを受けており、その結果に基づいてオープンデータポータルを構築しました

2012年10月、ウリヤノフスク州政府は世銀とオープンデータ推進に関する覚書を交わしました。この覚書にもとづき2013年2月、アンドリュー・ストットに率いられた専門家チームは、世銀が開発したOpen Data Readiness Assessment Toolを用いて、ウリヤノフスク州のオープンデータ準備度の評価を行いました世銀がOpen Data Readiness Assessment Toolのドラフトを公開したのは2013年1月です。これを考えれば、ウリヤノフスク州政府のオープンデータに関する意思決定や行動がいかに素早いものであるのかがわかります。

アンドリュー・ストットはイギリス政府のデータポータルdata.gov.ukの開発に多大な貢献をした人物で、イギリス政府だけでなく世界的にオープンデータをリードしてきた超一流のコンサルタントです。Open Knowledge Foundation(UK)のアドバイザリー・ボードにも加わっています。

世銀が実施したウリヤノフスク州政府に対するアセスメントのサマリーは以下の通りです。

Ratingの意味は次の通り

  • G(緑):準備が整っていることを示す明らかな証拠がある
  • Y(黄):準備が整っていることを示す証拠はあるが、やや不明確
  • R(赤):準備が整っていることを示す証拠が存在しない
  • O(灰):準備度を評価するための情報が十分でなく評価できない

ウリヤノフスク州政府は資金調達を除いたすべての項目で、GまたはYと評価されています。州政府はオープンデータを進める上でのリーダーシップや政治的/法的な枠組み、組織構造と責任ある体制、技術やスキルなどのインフラはほぼ整っており、企業や市民からのデータに対するニーズも高く、データを中心としたコミュニティについても形成されつつあると評価されています。さらに評価項目の中には、市民参画を促すために重要なデータセットが明記されており、こうしたデータを政府が公開できる準備がほぼ整っていることも確認されました。

Open Data Readiness Assessment Toolはあくまで「証拠」に基づいて評価している点にも注意が必要です。政府関係者や首長の意気込みやアイデアなどではなく、実際に起きていることや実際に存在していることを第三者が観察できるかどうかによって準備度を評価します。

特にデータセットに関しては詳細なアセスメントが行われます。10数種類のデータカテゴリそれぞれについて、データセット公開が政策面、技術面、制度面から実現可能性があるかどうかがチェックされ、公開した際の便益とリスクを明らかにし、さらに即効性のある対策と重要で中期的な対策とがアドバイスされます。

以下は世銀のウリヤノフスク州政府に関するアセスメントレポートにおけるKEY DATASET FINDINGS AND RECOMMENDATIONSにおいて、”School profiles and ratings”というカテゴリーのデータセットに関するアセスメント結果をまとめたものです。

ODRA-School-Ratings

ODRA Ulyanovsk Final eng 2013-04-15 clean.doc
“School profiles and ratings”を翻訳

今回、ウリヤノフスク州政府はこうした世銀による徹底的なアセスメントの結果をもとにして、25のデータセットを選び、オープンデータポータルを通じて公開しました。

オープンデータ政策の進め方には様々な方法があります。市民の関心を高めるためのイベントを開催したり、まずできるところからデータを公開していくという方法もあります。それぞれの方法にはメリット、デメリットがあり、どの方法が一番良いのかを判断することはできません。

もし、データをせっかく公開したのに市民に使ってもらえない、あるいは、データポータルを準備したのに政府内の各部門がデータを提供してくれないなどの問題をできるだけ避けたいのであれば、ウリヤノフスク州政府のようにアセスメントを基礎にしたデータ公開を検討してみるのも良いのではないでしょうか

参考

Open Government Partnership、新たに11ヶ国が加盟

2013年5月14日 in News

4月25日にロンドンで開催されたOpen Government Partnership(OGP)の会合において、OGPに新たに11ヶ国が加盟すると発表されました。OGPの加盟国はこれで58に大きく増えます。

アルゼンチン、コスタリカ、フィンランド、パナマ、トリニダード・トバゴ、ハンガリー、ガーナ、リベリアの8ヶ国は、執行運営委員会にオープンデータ推進の実行計画を説明し、ロシア、セルビア、モンゴル国の3ヶ国はこれから実行計画の作成にとりかかります。

OGP創設当初はその実効性に疑問を呈する向きも少なくありませんでした。しかし多くの事例が示すように、OGPに加盟にしてオープンデータ推進の実行プランを公開し、加盟国同士が競い合うことで、加盟国のオープンデータ推進はコミットメントからアクションへと飛躍的に進みます。

出典: Open Government Partnership welcomes 11 new countries

ロシア、2013年7月に向けオープンデータを急加速

2013年3月4日 in Special

ロシアでは民間の非営利団体が主導するオープンガバメント運動が活発に行われており、ロシア政府も新市場に創造することを目標にオープンデータに取り組んでいます。今回はロシアのNGO、Informational Cultureからのレポートを元に、ロシアのオープンデータ最新動向についてご紹介します。

Informational Cultureとは、INFOCULTUREとも呼ばれる非政府・非営利団体で、情報文化だけでなく、オープンデータ、オープンガバメント、データジャーナリズム、クラウドソーシングなどを専門とし、意思決定への市民参加、情報を活用した社会変革、政府の透明性向上などに取り組んでいます。INFOCULTUREと言えば、政府のデータを簡単に検索できるようにしたOpenGovData.ruや、オープンデータを活用したコンテストApps4Russiaが有名です。

 

1. INFOCULTUREがCKANを活用した2種類の新データカタログを立ち上げ

  • OpenData Hub: OpenGovDta.ruで公開していたデータセットはすべてここに移行され、新しいデータを多数追加
  • Open Police Data: 犯罪統計、警察組織、警察に関する予算などのデータを公開している特別なデータハブ、OpenPoliceプロジェクトの一部

2. ロシア政府機関がオープンデータの公開を開始、新プロジェクトも近日中に開始予定

ロシアは2012年5月7日の大統領令“About key measures for the improvement of the state governmental system”で、2013年7月15日までに公的機関のデータをオープンにすることが政府システム改善の重要な評価指標になると明言しており、今回の一連の動きはこの指令に沿ってロシアが急速にオープンデータを進めていることを示しています。

参考: A lot of new Russian news and open government projects(Ivan Begtin, Director of NGO “Informational Culture”), open-government mailing-list